リンク

プロフィール

Banyan Staff

Author:Banyan Staff
Banyan Styleへようこそ!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

月別アーカイブ

エコツアー・フランス(ストラスブール編)その1

前回の続きで、今日はフランスのストラスブール編です

ストラスブールは、パリから東に約480km、フランスの最も東でドイツと接するこの街は歴史の中で何度もフランスとドイツを何度も行き来した街です。

ドイツと国境を接するライン河に近く、その支流であるイル川に囲まれています。

街の歴史はローマ時代に遡り、5世紀末にはフランク王国に属し、「街道の町(ストラテブルグム)」と呼ばれました。

13世紀には神聖ローマ帝国の直轄都市として栄え、1861年にルイ14世により占領されてフランス領となりました。

その後、1871年にフランスが普仏戦争に敗れたため、ストラスブールはドイツの一部となります。

その後第一次世界大戦の終わる1919年まで、約50年間ドイツとなります。

その後、第二次世界大戦で1940年に再びドイツ領となり、1944年にフランス領へと戻りました。

今でも街の各所にドイツの名残が見られます。
古来より、各種物資の集散地として栄え、石炭、鉄鉱石、石油化学工業、ビール醸造、製粉、乳製品、たばこ、繊維工業など様々な産業が盛んです。

また人口は26万人の街です。
国が移り変わった戦争の歴史の反省から、ヨーロッパの平和はストラスブールからというイギリスのチャーチル元首相の提案で、様々な国際機関(EU欧州議会など)が置かれています。

IMG_6387.jpg

IMG_6393.jpg

EU脱退予定のイギリスの国旗(ユニオンジャック右)がまだ掲げられてました。
来年はもうないかもしれませんが・・・・・




まず、なんと言っても目を引くのは観光の目玉のストラスブール大聖堂です。
1874年まで世界一高い建物だったこの大聖堂は、今でもその大きさと豪華さから人々を引き付けて止みません。
IMG_6458.jpg


そして有名なのが冬のマルシェ・ド・ノエル(クリスマス市)です。
クリスマスツリーがストラスブール近辺が発祥と言われ、マルシェ・ド・ノエルはヨーロッパ最大規模で、年間150万人の観光客がこのマルシェ・ド・ノエルのためにストラスブールを訪れます。


そして、この街の現在を語る上で欠かせないのが路面電車(トラム)です。
IMG_6371.jpg

ストラスブールは路面電車を使って大規模な交通改革を行いました。
そしてあまり知られていませんが、一人当たりの緑地面積はフランス一で、豊かな自然が私たちを癒してくれます。
また自転車道は全長535キロにも及び、フランスではめずらしく自転車の街として栄えています。
その結果、ストラスブールはフランス一のエコシティとして認められてるフランスとドイツのいいところを持ち合わせた素敵な街です。

次回へ続く!








ドイツエコツアー2

大変ご無沙汰してます
スタッフのメッツです。

ちょっと遅い夏休みを利用して、今回ドイツのエコツアーに参加してきました。

このツアーは、世界で環境問題のある国々を自転車で駆け巡り、日本全国をスライドショーで行脚しているエコロジストの松本英揮さんという方が主催しているエコツアーで、日本全国(北は北海道から南は宮崎まで)環境問題等に関心のある社会人から高校生に至るまでの幅広い年齢層の人達が香港で集結して、一緒にドイツ、フランスの環境都市を巡っていくというツアーに参加してきました。

行った先は、世界の環境首都と呼ばれているフライブルグとCO2削減率世界一にもなったというハイデルベルグ、そしてEU本会議場のあるフランスのストラスブール+おまけにオランダに行ってきました。


世界に先駆けた都市デザインと、再生可能エネルギー政策を備えた世界のエコタウンのフライブルグ
第二次大戦に空爆によって旧市街の約80%を失い、戦後復興の際に、昔の町並みを再興することが選択され、細い石畳の道も再現されました。戦後、ドイツにもモータリゼーションの波は押し寄せたのですが、フライブルク市は旧市街地への自動車進入を抑制。公共交通機関を中心に自転車、徒歩を利用する政策を取り、ソーラーエネルギーなどのエネルギー政策や公共交通機関を中心とした都市デザイン、緑の保護条例など、先進の環境対策と快適性が世界から注目されており、世界中から注目されている環境都市です。


自然と共に生きる緑豊かな町、ヴォーバン住宅地
発電量が使用量を上回っている
エネルギーゼロ住宅ではなく、エネルギープラス住宅です。
IMG_6232.jpg
窓のガラスは3重ガラス、断熱材は25センチ~35センチ 
日本と比べるとケタ外れの規格です。


ドイツでの最初のホテルは、世界一のエコホテルに認定されたヴィクトリアホテル
IMG_6195.jpg


ホテルの屋上にはソーラーパネル、風力発電、太陽熱温水器が
IMG_6203.jpg

ホテルのボイラー燃料は近隣の製材所から出る木くずを圧力で固めただけのペレットのバイオマス
IMG_6208.jpg


フライブルグの町の中心からは車が排除され、
主にトラム公共交通機関を中心に自転車、徒歩を利用する政策をとっており
自動車進入を抑制しているエリアはまだまだ拡大するようです。
トラムの便数はとても充実していて4,5分に1本は来るので、待たされることはありませんし、深夜まで運転しています。
そして、バリアフリーでトラムに乗ることが可能で福祉面も大変充実しています。
IMG_6284.jpg

車が無いので時間がゆっくりと流れています。
そして安心して町を散策できます。

IMG_6279.jpg


都市デザイン、緑の保護条例など、先進の環境対策と快適性が世界から注目されているのがよくわかります。
百聞は一見に如かずですね!

行って自分の目でみて、肌で感じてようやく実感してます。

続きはまた

初めまして(*^^*)

私.この度8月から、当バニヤンイングリッシュルームのスタッフとなりました(*^^*)
YOKOと申しますm(_ _)m

これから、生徒様とのコミニュケーションを取りながら、ますます英会話が上達され、るようサポートしてまいりますm(_ _)m


どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m


さて…
私事でございますが、当バニヤンイングリッシュルームの二階で、バニヤンバレエサロンにて、バレエ&ヨガ・ストレッチの指導を始めました〜〜
*\(^o^)/*

お客様は、小学生から50代まで、年齢層が広いのです‼️

という事で…バニヤンイングリッシュ✨バニヤンバレエサロン✨の兼務です ^_^

どうぞ、末永くよろしくお願い致しますm(_ _)m


さてさて…
当サロンのスタッフであるメッツさん❗️

な な なんと‼️明日からドイツエコツアーに行くのだと…
10日間!(◎_◎;)

いいね〜いいね〜〜( ̄▽ ̄)

ドイツ…ということは…(≧∇≦)ビール✨

そして…ソーセージ✨

あ…食べ物ばっかり浮かんでくる私(≧∇≦)

私の体内は既に食欲の秋 ( ̄▽ ̄)

メッツさんは、当サロンのS先生に、旅行に行く前のワンポイントレッスンして欲しい〜〜‼️(*^o^*) とお願いしたそうな…


S先生…

ごめーーん!時間ないから〜(>_<)

そして…S先生笑いながら(*^^*)
他の英会話教室に行って〜〜‼️て😝 笑

この日本語会話おもしろ過ぎる…


メッツさん、全くレッスン受けずしてドイツへ旅立つのでした…( ´ ▽ ` )ノ 笑



いってらっしゃーーーい‼️ (^O^)/



次回のブログでは、メッツさんからの近況報告してもらった内容を書いてみます

( ´ ▽ ` )ノ


スタッフ YOKO


追伸
なかなかブログを書けずご無沙汰で、申し訳ありませんでしたm(_ _)m




講師の週末 3

お待たせいたしました!
9月の講師の週末は TAKATSUKI ROOM の S.先生です!

S 先生と言えば、とにかく多彩。ほんわかした可愛らしい雰囲気とはうらはらに、
常に情報のアンテナを張り巡らせて、興味のあることにはとことんまで突き進む、男前!そんなイメージです(勝手に)
料理が得意なところや、キラキラ笑顔はヤンティ先生となんとなく似てる気がする
笑いすぎても,引き笑いにはならないけど(笑)


さてさて、本題へ。
S先生の休日の楽しみは、昨年6月に購入したKindle"
Kindle


洋服や雑貨を”断捨離”したことをきっかけに、思い切って大好きな本も”断捨離”されたそう!
その小さなKindleの中に、何十冊、何百冊もの本がある。そう思うだけで心がワクワクしますね。断捨離って、物だけでなく、心も整理されるんですよね
Kindle paperwhite は目への負担を気にすることなく、読書に集中できるのでお気に入り。
最近の先生のおすすめ本は
”Life on the refrigerater door"  By Alice Kuipers
シンプルな表現で、英語でもとても
読みやすく話にスーッと入り込めるそうです!さぁ!今度こそ、読み切ろう!!???

Guest House Kyoto 古今東山

古今東山1
Banyan English Roomの生徒様が京都にゲストルーム ”京町家 古今東山”をオープンされました!
昨日、高槻ルームのS先生とオープニングのお祝いに駆けつけました

京阪7条駅から歩いて5分と、とっても便利なロケーション!
「耳塚、鼻塚」という古墳横をまがると素敵な小道につながり、”古今東山”と達筆な字で書かれた看板が見えました。
これぞ ”The 隠れ家” ワクワクしすぎて入口の写真を撮り忘れてしまったのですー


Guest House Kyoto 古今東山5

書道の先生や、押し花の先生もいらっしゃり、普段は知らない生徒様の交友関係の広さや
センスのよさにとっても刺激を頂きました!
近いのでいつでも行けると思いながら、なかなかゆっくり観光しない京都、
是非ゆっくり泊まって、書道体験や、押し花体験もしてみたい。素敵なゲストハウスでした

Guest House Kyoto 古今東山2
既に外国からのお客様のご予約が入ったとのこと!ますます英会話も頑張りましょうね!
オープンおめでとうございます
by staff Harty

川床

久しぶりに大学時代の友人と京都へ!
まずは三条をぶらり歩いて、
よーじやへ。よーじやって油とり紙だけを置いているお店ではないんですね?
ハンドクリームや、化粧品、手鏡、カフェまで!
とってもハイセンスなデザインに感動してしまいました

歴女の友達が気になる池田屋の石碑前を通って、
念願の川床へ!!雰囲気も、食事も、とっても素敵でした。
お盆の繁忙期に予約してくれてありがとうー(^^)/
楽しかった!いつも私にエネルギーをくれる友人たちとまた会える日まで頑張ろう!
割烹 露瑚 Check it out!

川床&池田や

by Staff Harty

講師の週末2

講師の週末 第2弾!

今日は緑地ルームのS先生にインタビューしました

S先生と言えば、ネコ!ネコ好きの先生のおうちには何と3匹のネコちゃんがいて、
毎日仕事で疲れた先生を癒してくれるそうです
かわいい~
ねこ
そんな忙しい先生ですが、どんなにペラペラなS先生でも、やはり、
英語力の向上のためには日々英語に触れるよう意識されているそうです。
時間があればJ.comで海外ドラマやニュースをチェック!

今お気に入りのドラマはGRIMM グリムファンタジー系のドラマ。
2011年に米NBC局で始まっていらい高視聴率をキープしている人気番組だそうです。是非見てみたい
映画も大好きで「ターミネーター」「アベンジャーズ」もすでに観に行かれたとか

毎日生徒さんに楽しく、そして生きた英語を教えて下さるS先生、今夜もプリペアをしながら寝る間を惜しんでドラマを楽しんでいらっしゃるのかな。影の努力、さすがです

講師の週末

今日は緑地ルームの I 先生のフリータイムの過ごし方をインタビューしてみました!

いつも生徒さんのモチベーションを上げることに
とても定評のある I 先生。
何でも、食べることが大好きなのだそう。
とてもほっそりしてらっしゃるのに、とても良く食べられるのです。

お友達と美味しいお店を見つけてはお食事に出かけ、楽しくおしゃべり。
それが先生のお仕事のエネルギーにもなっているのですね!


先生のお気に入りのお蕎麦屋さん そばカフェ「空庵」

それは閑静な住宅街の中の一軒家。国産そば粉を使い、十割の手打ちそばを提供、そば粉本来の色・香り・味、そして甘味を感じる事が出来ます。 山葵は静岡の天城からお取り寄せ。 珈琲・紅茶・ケーキも、無添加、手作りで、美味しいのだって。都会の小さなオアシスに、鳥や蝶も遣ってくるとか!うーん!行今すぐ食べたい!!

http://www.soba-kouan.com/

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE