リンク

プロフィール

Banyan Staff

Author:Banyan Staff
Banyan Styleへようこそ!

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

月別アーカイブ

いよいよ登場・セントレジスホテル・シンガポール①

早くアップしたかったセントレジス。ようやく登場です。

スターウッド・ホテル&リゾーツで最高級ホテル「セントレジスホテル大阪」がいよいよ今秋上陸ということもあり、一足早く今回シンガポールで宿泊体験して参りました。

スターウッド・ホテル&リゾーツはウェスティン・ル・メリディアンやシェラトンなど9つのホテルチェーンを展開しており、セントレジスは同社の最上級ホテルブランドに位置します。なんと言ってもセントレジスは、バトラー(執事)と呼ばれる従業員が2フロアごとに配置され、宿泊客に「非の打ち所のない、完全できめ細やかなサービスを提供する」っていうのが大きな特徴となっています。

っていう訳で、今回の旅行の目的の一つでもあるホスピタリティの勉強については、バニヤンよりむしろセントレジスに大きな期待を寄せてしまいます。また、そういう楽しみがあったためバニヤンを経つ時は、全く後ろ髪を引かれるような気持ちもなく、すでに心はセントレジスになっていました。♪
少しだけグチを言うと、今回のバニヤンでの滞在に関しては、総体的にはよかったものの、元スタッフで人一倍愛着があるため、どうしても厳しい目線で見てしまいがちになるのです。すこーし気になる点が何点か・・・ 最後のアンケートには、今後修正してほしい点を書き、マネージャーにもしっかりと伝えて参りました(^^;) 私の中でバニヤンツリーはいつまで経ってもリゾートホテルの最上級でいてほしいのです。


さあ話は戻ってセントレジスです。
これは決して試しているわけではありませんが、事前にメールで今回の旅行が結婚記念日ということをお伝えしています。日にちは少しずれているんですが(^^;)どのようなおもてなしを受けるのか行く前から楽しみです。
メールの返信も迅速かつ丁寧で、サービスについても景色のいいお部屋を押さえてくれるようで、配慮していただいているのが伝わってきます。とても気持ちのいい対応です。
100206 (512)_160x240


ここがフロントです。美人コンシェルジュのフィオナさんが対応してくれました。事前にお願いしていた禁煙ルームが手違いで喫煙ルームで登録されていたみたいでしたが、そこはなんなく変更していただきお部屋を案内して頂きました。(セントレジスにおいては後にも先にも、この手違いのみで、景色のいいお部屋はどうなったのか心配しましたが、この後そのような事がどうでもよかった思うくらいの素敵なサービスを受けるのです。)
100206 (516)_320x213
変更になったお部屋からの景色ですが眺望は抜群でした。手違いのミスをミスと思わせないくらいの迅速かつ丁寧な対応でカバーしています。こういうところも大変参考になる部分です。
場所も繁華街の近くで、とても便利な所にあります。
100206 (429)_320x213


いよいよバトラーさんの登場です。
彼は、韓国の方で金(キム)さんです。スマップの草薙君似の笑顔が素敵なバトラーさんです。
もちろん素敵なのは笑顔だけではありません。この1泊の間で韓流ドラマ以上の素敵な演出をしていただけます。
ちなみに英語が話せない人には、ちゃんと日本人のバトラーさんがつくそうです。
100206 (488)_320x213


今回、記念日ということでスイーツを届けてくれました。チョコレートに英語でアニバーサリーと書いています。
手厚いおもてなしに最高に気分がいいです。
まだ新しいホテルということもあり、きれいで清潔感もあり、館内の調度品(有名画家の絵画など)も素敵です。
また、アメニティグッズも高級品が用意されています。
100206 (426)_320x213
100206 (436)_320x213


今夜は外でシーフード料理とマッサージを予定していることをバトラーさんに告げると、すぐさま印刷したものをもって来てくださいました。あまりの気持ちのいい対応に、外に出るのはもったいないと思い結局ホテル内の広東料理のレストラン(宴庭Yan Ting)で食事することにしました。なにより、お店の名前がとっても気に入りました。
100206 (449)_320x213

100206 (466)_320x213


レストランには私達の情報が正確に伝わっており、早速お祝いのシャンペインのおもてなしを受けました。
アレルギーのエビのことも正確に伝わっており、こちらから説明するまでもなく、エビの入っていない料理メニューの説明をしてくれました。
なにより情報の伝達がスムーズで、ホテル中のスタッフが私達の事を知ってるのでは?と思わせるほど行き届いたサービスを感じます。☆の数の差はきっとこの辺にあるのだろう!と妙に納得してしまいます。
100206 (455)_320x213


おすすめの北京ダックです。一流ホテルの料理だけあってさすがにお味は絶品です。
100206 (457)_320x213


なんと、デザートまでサービスしてくれました。
なんと、なんと最後に手土産まで頂いてしまいました。
ほんと、どこまでサービスして頂けるのだろうか?恐縮してしまいそうなほど最高級ホテルに相応しい最高のサービスを提供していただけます。
100206 (464)_320x213


私達を担当していただきました。フィビさんです。 本当にお世話になりました。
100206 (467)_320x213


お部屋に戻るまで続く館内の素敵な調度品を見るのも楽しい一時です。まるでホテルという名の美術館みたいです。
100206 (472)_320x213


絨毯が光っています。どうやら龍の目に粒ガラスを埋め込んでいるようです。心憎い演出ですね。
100206 (475)_320x213

ようやくお部屋に戻ってきました。
私達はこの後、本当のバトラーサービス(ホスピタリティ)とはどういうものかを知り、セントレジスに泊まって本当によかったと思わせてもらえたのでした。(^^)

続く・・・・・








スポンサーサイト

<< セントレジスホテル シンガポール② | ホーム | バニヤンの同僚達(里帰りシリーズ第6弾) >>


コメント

バトラーさん、先生にお話を伺っていた時に、漠然と頭にイメージしていたのは“児玉清さん”だったので(笑)、こんなお若いステキな方だったとは…

私だったら目の保養に何かと用事を作ってしまいそうですけど(^_^;) 先生はもっともっとステキなダンナさまとご一緒だから、私のようなヨコシマな思いなんて微塵もなく(笑)爽やかにサービスを受けて快適にステイを満喫されたんでしょうね♪♪

館内の様子もエレガントですし、アメニティも落ち着いた感じで良いですね☆

もちろん、ティーポットに注視です!(^O^)

>>>HOSHIさま
先週はランチ会楽しかったです~♪有難うございました。
私もバトラーって言ったらご年配の方なのかなぁって思っていたのですが、良い意味で期待が裏切られて良かったです^^。若いバトラーさんは、英語も堪能で、爽やかで、なんとも笑顔が素敵でした☆ 
大阪のホテルでも素敵なバトラーさんに出会えたらと期待してしまいます!
あ、ティーポットですが、心斎橋に「マリアージュ ルレール」の専門店がありました!ポットも売っていたのですが、少しお値段が張るので今、TWGのシンガポール店からお取り寄せしようか考え中です(悩)。

ほんとうに♪素敵ですね~☆
バトラーさん!!このようなホテルがあるなんて!
ヤンティーさんに教えていただきただただビックリです☆
夢がまた増えました(笑)

そ☆し☆て☆

あのティーポット♪♪
写真を見た瞬間!!!あっ!これ!!
やっぱりお値段・・・するのですね(>_<)

私の知らない世界をもっと教えてくださーい☆
サービスってやっぱり心からのおもてなしでないと
伝わらないですよね~♪あ~素敵☆

Re: タイトルなし

>>>かりんさま
お返事遅くなってしまってごめんなさい。
バトラーさん良かったですよ~。次回海外へ行くときは
ぜひバトラーホテルへ☆ 病み付きになりますよ!

大阪に秋にここのホテルがオープンするのでお茶しにいきましょね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP